• ホーム
  • 胸焼けにはネキシウムが効く?

胸焼けにはネキシウムが効く?

薬を飲んでいる女性

胸焼けというのは、文字通り胸がつかえて焼けつくような症状がおこることをそう呼びます。
これは、逆流性食道炎にもみられる症状で、胃酸が胃から食道へ上がることでも、その症状がおこります。
食事の内容にも影響することがあるのが、胸焼けです。
また、痛み止めのような薬の副作用の影響で胸やけや胃腸炎になる場合があります。

痛み止めの薬で知られるロキソニンやボルタレンで痛みを緩和させるため使用した薬の影響で胸やけになることが多いと言われています。
このようなときに、ネキシウムは胃腸障害全般に効果がある薬ですので、胸焼けの症状にも効果があります。
ネキシウムのような薬は、プロトンポンプ阻害薬に分類されます。

国内で処方されているプロトンポンプ阻害薬の中では、ネキシウムは最も新しい薬でそれだけ研究を重ねて製造された経緯があるため、非常に優れた効果があると言われています。
一般的に、逆流性食道炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの疾患に効果があるので、それらの疾患にともなっておこる胸焼けの症状にもよく効いてすっきりと改善することが可能です。
胸焼けというのは、胃が痛むのと違い、どこかつかえたような感じがして胸が焼けつくような症状があります。
そのため、食事を食べてもおいしく感じなかったり、食欲が減退してしまうこともあります。

また、げっぷが多くなってしまい、むかつく時もあります。
このような時でも、ネキシウムがあれば、胃腸障害全般に効果のあるプロトンポンプ阻害薬ですので、効果的に作用します。
早く治したい胸焼けなどの症状は、このネキシウムであれば効果的に作用するので安心してもちいることができます。

そして、従来のプロトンポンプ阻害薬では、便秘の副作用があったのですがこのネキシウムでは、その副作用がおこりづらくなっている工夫がされています。
従来のプロトンポンプ阻害薬で副作用があり服用ができなかった方でも、安心して服用することができます。