• ホーム
  • 胃酸の影響による痛みを抑えるネキシウム

胃酸の影響による痛みを抑えるネキシウム

腹部を押さえて顔がゆがんでいる中年女性

胃酸が逆流して食道が影響を受けるのが、逆流性食道炎です。
チリチリした痛みがあり、気分の悪さを伴うのが厄介です。
逆流性食道炎に対しては、ネキシウムがよく使われます。

ネキシウムは、PPI (プロトポンプ阻害薬)と呼ばれる種類の薬です。
2011年に開発された薬で、胃酸の分泌を抑制するために使います。
PPIは、胃酸の分泌をほぼ完全にストップさせることができるのが特徴です。

胃酸は、胃の壁細胞から分泌されています。
アセチルコリンやヒスタミン、ガストリンといった物質からシグナルを受けとると、胃酸の分泌が起こります。

アセチルコリンなどの物質が作用すると胃酸の分泌が始まりますが、このシグナルはプロトポンプという場所にいったん集められます。
このプロトポンプが胃酸を分泌させます。
胃酸の分泌が起こらないようにするにはプロトポンプを阻害すれば良いということになります。

ネキシウムはプロトポンプを阻害して、アセチルコリンなどの物質の信号が受けられないようにすることで、胃酸の分泌を事前に食い止めることができます。
胃酸の影響で痛みを感じるのは、胃酸が塩酸という強力な酸でできているからです。

逆流性食道炎は高脂肪な食事を摂ることで起こるといわれていて、昔の日本人には少なかった病気です。
しかし、最近では食の欧米化に伴って脂肪が多い食事を摂ることが増えたために、逆流性食道炎になる人が増えています。
ネキシウムはその症状を改善させてくれる薬で、医療機関で処方されています。
高脂肪な食事をとった時だけではなく、ストレスなどの影響で常に胃酸過多になって逆流性食道炎になっているケースもあるので、この場合には胃腸科内科を受診したほうが良いでしょう。