• ホーム
  • ネキシウムと柑橘系の服用はOK?

ネキシウムと柑橘系の服用はOK?

薬を飲む人

ネキシウムは胃の調子が悪い方にとって心強い味方となります。
胸焼けなどの症状にも効くので、幅広い胃腸の悩みを解決してくれます。

私たちは日常生活で健康を意識して、よく果物を食べます。
リンゴやイチゴなど、季節ごとに旬の果物を食べることは、健康に良いとされています。
しかし、薬を服用している方は少し注意が必要です。

柑橘系と薬の相性はあまり良くないとされています。
特にグレープフルーツと薬の相性は悪く、よくインターネットなどでも話題になっています。
グレープフルーツなどの成分により、薬の効果が強く、あるいは弱くなってしまいます。
また、副作用も強く現れる可能性があると指摘もされています。
このことから、柑橘系と薬は同時に摂取することを控えるべきとされています。

これは果物以外適用されることがあり、ジュースなどでも同じことが言えます。
一見グレープフルーツジュースで薬を飲むという行為は、健康に良さそうに見えます。
しかし、実際には薬の服用方法としては正しいものとは言えないのです。

もしどうしても柑橘系を食べた後に薬を服用したい場合は、時間を置く必要があります。
これにより体内の成分も分解されるので、薬の効果が正しく発揮されます。

避けるべきとされていますが、ネキシウムには柑橘系による影響は見られないと言われています。
ネキシウムにはグレープフルーツとの併用に関する注意が促されていないので、基本的には心配はいりません。
それでも万が一があると思う人は、同時の服用を控えましょう。